<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
思わずジャケ買い!! 〜ブックデザインの魅力〜
本屋さんでジャケットに惹かれて思わず買ってしまった本はないですか?
素敵なジャケットと装丁家を紹介するホームページです。
ジャガーになった男 by 飯野和好 & 坂川栄治



ジャガーになった男
佐藤賢一さんの小説です。

装画:飯野和好
装幀:坂川栄治

タイトルの配置と、闇に浮かぶ武士のような男の配置が面白いです。
ジャケット紹介 | permalink | - | - | - | - |
ゲームの名は誘拐 By 泉沢光雄 & 水口理恵子



ゲームの名は誘拐
東野圭吾さんの本です。

装幀:泉沢光雄
装画:水口理恵子

ミステリーらしくパズルのピースが散りばめられた向こう側に
女性が浮かび上がる構図が、想像力を膨らませてくれます。

ジャケット紹介 | permalink | - | - | - | - |
スイッチを押すとき By スカイエマ & 鈴木久美



スイッチを押すとき
山田悠介さんの小説です。


カバーイラスト:スカイエマ
カバーデザイン:鈴木久美

赤い影が残酷さをあらわしているようで
とても興味がそそられます。
ジャケット紹介 | permalink | - | - | - | - |
手紙 By 石崎健太郎



手紙
東野圭吾さんの小説です。

装丁:石崎健太郎


手書きの手紙を添えた装丁でおもしろいです。
ジャケット紹介 | permalink | - | - | - | - |
墜ちていく僕たち By 金子國義




墜ちていく僕たち
森博嗣さんの小説です。

装画・装幀:金子國義


独特の油絵で興味をそそられます。
ジャケット紹介 | permalink | - | - | - | - |
BAD KIDS 海を抱く by 音部訓子 & 藤村雅史



BAD KIDS 海を抱く
村山由佳さんの小説です。


装画:音部訓子
装丁:藤村雅史

海をイメージした青のラインで少年の姿を描いています。
水彩絵の具のこの表現がおもしろいです。
ジャケット紹介 | permalink | - | - | - | - |
本格ミステリ03 by 辰巳四郎



本格ミステリ03
本格ミステリ作家クラブ編集のアンソロジーです。

カバーデザイン:辰巳四郎

値札に「2003」とあるところがおもしろいです。
『旬の味大特売!』の文字も装丁としてはユニークです。
ジャケット紹介 | permalink | - | - | - | - |
幽霊刑事 by 荒木慎司




幽霊刑事
有栖川有栖さんの小説です。

カバーデザイン:荒木慎司

幽霊という透けた存在を表現。
この美しさに惹かれました。
ジャケット紹介 | permalink | comments(0) | - | - | - |
31歳ガン漂流 by やまだないと & 黒田喬志




31歳ガン漂流
奥山貴宏さんのエッセイです。

装画:やまだないと
装丁:黒田喬志

ガンという悲壮感。
ちょっと病んだ感じの男性。
どんな物語が紡がれるんだろうと期待させられるジャケットです。
ジャケット紹介 | permalink | comments(0) | - | - | - |
夏のロケット 装丁者不明




夏のロケット
川端裕人さんの小説です。

手元の本(初版)には、装丁者が明記されていませんでした。

タイトルとマッチしたイラストが「なんかやってくれるぞ」って感じで
買っちゃいました。
小説を読み終わってから、尚このジャケットが気に入りました。


ジャケット紹介 | permalink | comments(0) | - | - | - |